ワカサギの氷穴釣り

 かなやま湖は、ニジマス、アメマス、コイ、ウグイのほか、幻の魚と言われている「イトウ」が生息する湖として知られ、冬のワカサギ氷穴釣りと合わせて、年中楽しめる場所です。

かなやま湖に注ぐ空知川の支流ではイワナやアメマス、ニジマスなどの渓流釣りも広い範囲で楽します。

釣料金は、2008年4月から無料になりました。

希少種の「イトウ」については、南富良野町が独自の条例により保護に努めておりますので、キャッチ&リリースにご協力ください。

「イトウ保護管理条例」については、南富良野町役場へお問合せください。
(企画課 0167-52-2115)ワカサギ釣りは、1月上旬~3月中旬頃まで