カーリング

 NPO法人「どんころ野外学校」代表の目黒重義さんが、十数年前に町内でビニールハウスの中にコースを作ってカーリングを始めたのがきっかけとなり、1994年に町でもカーリング振興をと、コースが2面ある空知川スポーツリンクスができました。

その後、町がパイプを埋設して人工的に氷らせるようにしたため、現在では11月~4月まで計画的にコースを利用できるようになりました。

2006年のイタリア・トリノ、2010年のカナダ バンクーバー冬季オリンピックで中心的な活躍をした目黒(現在は金村)萌絵さん、2006年トリノ出場の寺田桜子さんのお二人も、小学校の頃からこのコースで練習してきました。

二人を含む日本勢の活躍で、カーリング競技が私たちの身近になり、道内各所から「空知川スポーツリンクス」を訪れてくれます。萌絵さん、桜子さんのお二人は、現在も南富良野町でアウトドアのインストラクターの傍ら、カーリングの指導にも力を注いでくれています。

空知川スポーツリンクスは、カーリングコート2面、駐車場、トイレ及びシャワーを完備しています。