本文へスキップ

このホームページは、鞄富良野町振興公社が運営しています。

TEL. 0167-52-2100

〒079-2403 北海道空知郡南富良野町字幾寅

道の駅 南ふらの

概要

国道38号線沿いの「道の駅南ふらの」:「南ふらの物産センター」
ランドマークは、カヌーの舳先をイメージしたユニークな建物の形です。
館内の中心、玄関正面には、空知川に生息する1m級の「イトウ」やアメマスが、自然に近い状態にレイアウトされた大型水槽で悠々と泳ぎ、右手のレストラン「食事処かつさい」は、安くて美味しい豊富なメニューを用意しています。
左手の売店では、富良野地方産の男爵馬鈴薯を原料とした、全国で人気の「バタじゃが」など、南富良野産の農産物加工品や飲料、御菓子類、木彫品、陶芸品、手芸品のほか、富良野や北海道産のお土産品がずらりと並んでいます。
建物の横から裏手にかけて、ラベンダー畑から芝生が張り巡らされている広い公園に続き、夏には清涼を求めるお客様が噴水を囲みます。
2007年には、道の駅駐車場を囲んでパン工房が開業し、お客様で賑わっています。
物産センターが建設されたのは1988年で、その当時は南富良野町で採れるジャガイモやアスパラなどの農作物をそのまま、国道を車で通る人に宣伝して、買ってもらおうと始めました。
今では、加工品やクラフト製品が新たに特産品として加わり、わざわざ遠くから求めに来られるお客様も増えています。
「道の駅」の認定を受けたのは1993年で、日本で「道の駅」の制度ができた年です。北海道では3番目に登録されました。
そのときは全国で103箇所の「道に駅」ができました。(第1回登録)
2012年現在では全国に987箇所(北海道では114箇所)の「道の駅」があり毎年増加しています。
南富良野町は、平成元年に国体カヌー競技が開かれたことなどからカヌーやラフティングが盛んなまちです。建物の形がカヌーにこだわっているのは、このためです。
また、冬季オリンピックカーリング競技に、町内出身の二人の選手が出場したことなどから、冬季はカーリングも盛んです。
道の駅駐車場には大型バス10台、乗用車74台が停められます。売店スペースは広く、レストランは椅子席32、畳小上席8、カウンター席4の計44席があります。
1年間におよそ25万人のお客様が訪れてくれます。
是非お立ち寄りください。

営業

 6月1日〜9月30日
  ■売店 = 午前9時 〜 午後7時
  ■レストラン = 午前11時 〜 午後6時(オーダーストップ終了30分前)
 
 10月1日〜翌年5月31日
  ■売店= 午前9時 〜 午後5時
  ■レストラン = 午前11時 〜 午後3時(オーダーストップ終了30前)
  GW期間中は、営業時間を延長する場合があります。

 食事処「かつさい」の定休日
  ■ レストランは10月から翌年5月まで毎週火曜日が定休日です。
   6月・9月は第1・3火曜日が定休日です。

   
(火曜日が祝祭日の場合は、その翌日を代替日とします。)

  ※ 売店は、年末年始を除き無休です。

 年末年始の全館休業
  ■売店・レストランとも、12月31日〜1月2日まで休業させていただきます。
   (3日からは平常営業いたします。)

施設とイベント 

無線LAN(Wi-Fi)

道の駅館内にてご利用いただけます。(無料)
営業時間中の大容量送受信は、ほかのお客様への迷惑になりますのでお控えください。2階ホールには、専用の椅子テーブルも御用意してあります。
営業時間外も、玄関付近でご利用可能です。

ドッグラン 現在閉鎖中です。再開までお待ちください。

屋外トイレと国道38号線の間にあります。
24時間ご利用いただけます。
ご利用にあたっての「きまり」事項を守ってご利用ください。

ベビーベッド

館内2階の階段突き当りにあります。
椅子も用意してありますので、ご家族そろってご利用ください。

館内トイレ

館内のトイレは、すべて温水洗浄式(ウォッシユレット付)です。

2階展示スペース

館内2階には,樹木標本を展示しています。

2012 上川麺サミット in minamifurano

第5回上川麺サミットが行われ、3,500人もの人出で賑わいました。

2010 グッ チーの今日ドキッ!

HBCテレビ「グッ チーの今日ドキッ!」の生中継があり、町内のお母さん方やお子さん、町内の有名人3人の皆さんが参加してくれました。



写真はこちらから


バナースペース






鞄富良野町振興公社

〒079-2403北海道空知郡
南富良野町字幾寅

TEL 0167-52-2100
FAX 0167-52-2219